« 季節のうつろい~【桜の着物】 | トップページ | 初夏の風 »

2022年4月 5日 (火)

いのちを感じて【4月の着物】

 美しく花開いた桜も、雨や風で散りゆく運命です。
私もやがては…と思うと、一層生きていることに感謝ですね。

 4月の着物は、花札ならぬ、牡丹と蝶を選びました。
淡緑の万筋江戸小紋に、白くぼかしがあるところへ幻想的な蝶を飛ばしました。
22451 22452
 
 帯は、30数年前に刺繍した大輪の牡丹。
あえてモノトーンの色彩にして微妙に色が変わるように、12~13段階の刺しぬい。
一針一針刺繍した頃を思い出します。
22453 22454
 
 今アトリエで展示している作品を紹介します。
【金屏風】
 ぬいきりと菅ぬいのみのテクニック。
 モノトーンと金銀の配色です。
 シンプルな表現は、豊かな想像を生み出します。
22455

【名古屋帯】
 古い帯地に獅子の刺繍。
 帯地の模様を生かした色使いに注目してください。
22456

【命のタペストリー】
 “我が愛する地球”
 一つにかない私たち人類の故郷をみんなで大切にしたい…。
 私たち祖先・恐竜は悲しんでいます。
 その恐竜は、全部糸張りで表現。
22457 22458

« 季節のうつろい~【桜の着物】 | トップページ | 初夏の風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季節のうつろい~【桜の着物】 | トップページ | 初夏の風 »