« 青春のニューヨーク | トップページ | ニューヨーク 番外編 »

2018年12月 7日 (金)

続・青春のニューヨーク【美術館巡り】

 暖かな日が続くこの頃、12月とは思えません。でも自然界は冬を迎える準備を着々としているようです。私たちも年末年始のスケジュールで何かとせわしい気分になってきました。

 ニューヨークから帰ってもう2週間たちました。つくづくニューヨークへ出掛けてよかったと思います。伝統から現代へと、私の人生に重ね合わせて再認識できたようです。
 年老いた私たち夫婦にとって盛りだくさんのスケジュールをこなすのは大変でしたけれど、それぞれ中味の濃い内容でした。

181271

 ある日は、メトロポリタン美術館と近代美術館(MOMA)で過ごしました。ニューヨーク在住の画家でいらっしゃる富永氏に案内していただきました。
 まず、メトロポリタン美術館。紀元前後の中国やエジプトなどから発掘された像や器など見て、名も知らぬ人が生活の中で表現していたと思うと、感激して涙がこぼれました。
 次に宗教画・人物画へ。超有名な絵画を見ながら、人は何を描いてきたかをわかりやすく説明してくれました。

 そして、近代美術館では、フェルメールにはじまって、ゴッホ、ピカソまで、本物の絵画に、いえ、作家とまるで直接話しかけられるようでした。

181272

181273

 わかりやすく、また、より近く感じられるような展示の仕方に感動でした。

 今大きな歴史の流れの中に、そしてこの地に生きていて私の創作への情熱はいったいどこへ、と悩む日々でしたが、今回の旅を終えて思うのは、自然体であってありのままであって、今を感じることが大切なのだ、と。
 それは、色彩の世界とつながっていることに気付きました。
 まだまだですが、いつかは作品となるよう、感性を育てたいと思います。

 ニューヨークでは、オペラ、ミュージカル、ゴスペル、と色々な角度から音楽を楽しんできました。次回をお楽しみに!

« 青春のニューヨーク | トップページ | ニューヨーク 番外編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青春のニューヨーク | トップページ | ニューヨーク 番外編 »