« 夫という家族 | トップページ | 続・青春のニューヨーク【美術館巡り】 »

2018年11月24日 (土)

青春のニューヨーク

 1811241

青春のニューヨークを楽しんできました。
今は、その一週間、まるで夢の中にいたような感じがします。

 私の13才から、60年の年月が流れ、あのあこがれの自由の女神から9.11のグラウンドゼロ(ニューヨークツインビル跡地)へと、色々な意味で世の中が大きく変わりました。
その二つの場所に立ってみて、言葉もありません。これからの私たちはどこへ行くのでしょう…。大きな大きな運命に巻き込まれていく中で、人々は目の前の幸せに感謝に、努力しているのだと思いました。

 ニューヨーク五番街はクリスマスのイルミネーションでとてもロマンチックでしたが、何かむなしく思えました。

1811242

 やはり、船から見た、いえ、会えた自由の女神は、私にとって青春時代の希望と夢であり、今もそう思っています。夫とともに、その感動で胸いっぱいでした。

 そして、その近くにあるグラウンドゼロには、二つの大きな大きな噴水があり、水が地球の中心に流れ込むような印象で、亡くなられた命がまるで生まれ変わって、よみがえる気がしました。

 1811243

 夫とともに年を重ねていくことに感謝し、そして平和であるよう祈るばかりです。

« 夫という家族 | トップページ | 続・青春のニューヨーク【美術館巡り】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夫という家族 | トップページ | 続・青春のニューヨーク【美術館巡り】 »