« 夏の終わりにドライブ旅行 | トップページ | 私の一日 »

2018年9月 6日 (木)

愁える季節

 

18962

 時が去り、時を迎えるこの繰り返しは、決して同じことの繰り返しではない。

 この夏も、これからの秋も、今までとは違う期待感と不安感がいつも混在していて
心の休まることがない。

 周りの人たちには、励ましたり希望をもつ話をしたりするけれど、実は私には大きな波のうねりの中でサーフィン状態。
 それに疲れると、美しい世界を想像し、ゆりかごのようにして目を閉じる。

 私の生まれつきの性格だと、最近認めました。

18961

 天国にいる母も同じだったのでは…。
だから、布に夢を記して自分自身を生き切ってきたのでは。

 秋は愁える季節。しっかりとその思いを感じていきたい。
ヘルマンヘッセの詩や堀辰雄の文章にあるような。

18963


« 夏の終わりにドライブ旅行 | トップページ | 私の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の終わりにドライブ旅行 | トップページ | 私の一日 »