« 一輪の花を咲かせたい | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2018年7月31日 (火)

夏休み

 夏休みがやってきました。
とても暑い夏ですが、秋や冬と違って解放感があり、ワクワクしてきます。
今の私の年令では、危険な夏でもありますが、でも気持ちだけでもこの夏を楽しみたいですね。

 さて、私の幼い頃の夏休みを思い出してみましょう。

 小学生の頃、庭の飛び石の下にあるアリの巣に、毎朝お砂糖をまき、また、アリジゴクにのまれていくアリが可哀相で、縁の下のアリジゴクを片っ端から壊したりしていました。

 友達のいなかった私にとって、アリさんとの会話が楽しかった思い出があります。
中学生の夏休みも、やはり友達がいなくて、ほとんどひとり遊びでした。
絵を描いたり、日記をつけたり、また、読書の中から友人を見つけたりしていました。

 私にとって夏休みは、現実から離れて幼いなりに想像する日々であり、心の中を自由にしていたのだと思います。

 今も夢見るしずかとして、想像たくましく創作の世界に忙しくしている日々ですが、現実から離れることはできず、悩みやプレッシャーと戦うこともあります。

 でも、今、夏休みです。
のびのびと心の手足を広げて自由に空を飛んでみましょう。

18731

 藤田嗣治没後50年展は、東京都美術館で開催されます。
(7月31日~10月8日)
夫が私にプレゼントしてくれました。
“面影との戦い” 藤田嗣治版画

« 一輪の花を咲かせたい | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一輪の花を咲かせたい | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »