« いよいよ京都 | トップページ | 出会ったのは7年前 »

2018年4月17日 (火)

牡丹と山芍薬

新緑が美しく、生命の息吹にあふれています。
どんなことがあっても自然界は、私たちを裏切らないで時を約束してくれます。

目をつむると聞こえるのは…海では波の音、山では葉がゆれる風の音。
堀辰雄やヘルマンヘッセの文章を思い出します。
新緑の森を走ってみたい、砂浜を走ってみたい、と日常生活の中でそんなことを想像します。

1月の銀座、3月の仙台・京都と、私の展覧会も無事に終え、今は心ゆったりと過ごしています。
デザインや色彩は常に新しい世界を教えてくれるので、相変わらず創作の毎日ですが、私にとっては幸せなことです。

庭に咲く季節の花や草は大切な家族です。
我が家は1階がアトリエで、2階は夫と共に過ごすマイホームで、とてもコンパクトですが、機能的でセンス良くまとまっていると思います。
庭も小さいのですが、そこに咲く牡丹と山芍薬がとても好きです。

184171

今年も会えました!ありがとう、咲いてくれて。
新しいチャレンジに拍車がかかります。

184172

« いよいよ京都 | トップページ | 出会ったのは7年前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ京都 | トップページ | 出会ったのは7年前 »