« 5月の出会い | トップページ | 梅雨空の中で…色彩のこと »

2016年6月 8日 (水)

夏のときめき刺繍コラージュと、母のコサージュ

 深い緑の中に黄色の花芯をかかげた
小さな真っ白な花が一面に顔を出しています。

 その花はドクダミと言われていますが
私は、初夏匂花という名前にしています。
控えめでいながら、強く真面目なタイプですね。

 8月の“ときめき刺繍コラージュ”にむけて
作品を作ってみました。

 刺繍が初めての方にでも、楽しい体験となるよう
いろいろな面で考えてみましたが
一番大切なのは、見た目で“ステキ”なことです。

 やさしいテクニックと、短時間で出来上がるのも
初めての方には不可欠…というところで悩みますが
私にとって大変な勉強となりました。

 初めての一歩から、やがては素晴らしいアートの世界へと…。

 やはり、絹糸によって布に繰り広げられる美しい世界は
自分の内面を満足させてくれます。
 時間がかかる分だけ、また、難しい分だけ
心の奥まで導いてくれます。

 私の40年の経験は、さらにこれから生きてゆくために必要であり
また、刺繍によって未知の自分に出会えるかと思うと
ワクワクもします。

 日曜日、一人暮らしの母の家を訪ねました。
やはり、母はコサージュを作っていました。
そして一言、私に
 “103才になっても女だからおしゃれしたいの”
 “お母さん大好き”と私は母を抱きしめました。

1668

【アトリエでの夏の体験講習のブローチ(左)と、母の作った夏のコサージュ(右)
 

« 5月の出会い | トップページ | 梅雨空の中で…色彩のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月の出会い | トップページ | 梅雨空の中で…色彩のこと »