« 春の日々のこと | トップページ | 雪月花展 ひと段落を迎えました »

2010年4月25日 (日)

金沢の思い出と展示会

 今年の4月は雨が多く寒い日が続いたので、春の装いを楽しむ間もなく、もう5月に入ろうとしています。

 初夏のおしゃれは白と青かしら?大きな花柄のスカートもいいですね。さわやかな風の中で、5月生まれの私の心を揺らせてみたい・・・

 4月28日から5月5日まで、石川県金沢市で『雪月花』展を開催しますが、金沢から電車で1時間ほどのところ、羽咋が私の生まれ故郷です。

 昭和19年、東京市ケ谷の住んでいた父母、3人の兄達と、母の胎内にいた私は、戦争が激しくなったので母の実家のある羽咋に疎開しました。

 千里浜海岸と田んぼと山に囲まれた、おだやかな風景の中で私は生まれたのです。

 子供心になつかしいシーンはいっぱいありました。

 小学校1年生のとき、そんな思い出を後にして、一家6人で東京に向かう蒸気機関車に乗りました。

 私は能登で生まれたことに感謝と誇りを持っています。

 その故郷で、私の心模様を表現した作品展を開催できることは、感激です。

 5年前に同じ金沢で『源氏物語』展をしましたが、今回は年を重ねた分、より強く感じます。

 故郷の人々の心に触れる日々を楽しみに、楽しみにしております。

« 春の日々のこと | トップページ | 雪月花展 ひと段落を迎えました »

コメント

 初めまして。

 昨日、名鉄エムザの展示会にて素敵な作品を見させて頂きました。

 
 すばらしい作品に感動で胸が一杯になりました。心が洗われました・・・

 偶然に会場で先生をお見かけする事が出来とてもうれしかったです。

 「御陣乗太鼓』の作品があり、会場内のビデオの中にもお母様と製作する様子が映っていたので『輪島にいらしてくださった事があるのですか?』とお尋ねしたかったのですが・・・

 緊張でお声を掛ける事が出来ませんでした・・・

 でも先生の作品を拝見して頑張る力が湧いてきました。人として大切な事を忘れずに日々を過ごしたいと思います。

 本当にありがとうございました。
 

投稿: 木下杏子 | 2010年4月29日 (木) 15時53分

この記事へのコメントは終了しました。

« 春の日々のこと | トップページ | 雪月花展 ひと段落を迎えました »