« 桜日記 | トップページ | 金沢の思い出と展示会 »

2010年4月20日 (火)

春の日々のこと

 この春は冷たい雨が多く、桜花は寒かったことでしょう。

 先日、40年ぶりで井の頭公園の桜を楽しんできました。子供が5才の頃、近くに住んでいたのでよく遊びに行った井の頭公園ですが、池や動物園など懐かしい景色の中で、その頃の思い出で胸がいっぱいになりました。

 今は年を重ねた私達夫婦で、この世の春をゆっくりと散策できる幸せに感謝です。

 4月19日まで横浜高島屋で “雪月花”展を開催していますが、ご来場の皆様より感動のお言葉をいただきまして、励まされる思いです。

 次の作品は・・・ではなくて私自身が生きてゆく日常の中で、感動を大切にすることが、いずれは作品になっていくのだと、あらためて思いました。

 日常といいますと、掃除や料理も大切な感性の場です。清潔感のある部屋にちょっとした飾りや食卓のメニューの味付け。食器の使い方で私のその時々の感性を楽しめます。

 我が家の小さな庭も春を迎え、山芍薬や牡丹など可愛らしく葉っぱを出してきました。冬の間眠っていたメダカも、鉢の中で泳ぎだしました。

 展示会を終えて、新たなる一歩を日常の中で大切に育てたいです。

井の頭公園にて

104201

【噴水と桜】

104202

【橋から写した桜】

104203

友人一家をお迎えして桜の晩餐会。そら豆とえびのから揚げが美味しかった!

« 桜日記 | トップページ | 金沢の思い出と展示会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。